2013/1/5

 新年明けましておめでとうございます。今年も東風荘をよろしくお願いします。運営開始(1996/12末)してから丸16年が経ちまして、今年は17年目となります。この前に作者の戯言を書いてから6年が経ってしまいました、月日が経つのは早いですね・・って、そういう問題ではないですね、筆無精ですみません。

 16年前には無料で遊べる麻雀サイトは数えるほどだったのが、この16年の間に無料/有料のネット対戦麻雀サイトが多数出てきました。ここまでやってこれたのも、数ある麻雀サイトの中から東風荘を選んで遊んでいただいているユーザの皆様のおかげです。ありがとうございます! 遊んでいただけるユーザの皆様がいる限り東風荘は続きます。※テンプレ化しているような気がしますが気のせいです。

 前回書いてから東風荘の携帯版がいくつか出来ました。docomo(foma)版、au(brew)版、softbank版、iPhone版などです。携帯3キャリア(ガラケー)版は、東風荘史上最大の売上を達成しました。開始10年間分の広告売上よりも、数年間分の携帯版売上が上回りました。しかし、衰退は早いです。今やスマホ時代でガラケー版しかない東風荘はどんどん売上が落ちていて、最盛期の半分以下となっています。本当ならandroid版を作成していなければいけないのですが、諸事情により作成できていません。iPhone版についてはアプリの開発を外注に出したのですが、外注費用を回収するまでの売上を上げられずに、バージョンアップがストップしている状態です。

 現在の東風荘の売上比率は、広告費が0%、携帯版が80%、哲也が15%、その他5%といったところです。携帯版の売上がほとんどを占めている状態ですので、このままですと順調に下がっていくことが予想されます。ということで、粘って頑張ろう!をモットーにやっていこうと思う今日この頃です。

 前回も書いた22人対戦オンラインサッカーゲームのDreamCupは、昨年サービスを終了しました。ユーザ数の減少とサービスを維持するための運営プランが見つからなかったのが理由です。私自身5年以上遊んでいて満足してしまったというのも大きいですが。

 個人的なことですが昨年はsteamでゲームを買うようになりました。CivilizationV、Skyrim,AoE3などなど。CDをいれないでゲームをできるのは良いですね。日本のメーカーもsteamにどんどん提供する(もしくは同様の仕組みを作成する)のが良い思いますが、あまり無いですね。日本のコンテンツ(音楽、本、PCゲームなど)は提供形態の変化についていけてなくて、まずい状態ですよね。追いかけるのに必死でヒーヒー言ってるのかな。

 東風荘を始めた時はぴちぴちの20代でしたが、今や腹ボテの40代です。階段の上り下りでヒーヒー言っている私ですが、今年はスポーツクラブに通って鍛え直そうと思っております。去年もそう考えていたのですけどね・・。

 それでは、また数年後にお会いしましょう!